Profile

■名 前…tonky
■年 式…1964年式(昭和39年式)…東京オリンピックの年
■血液型…O型
■居住地…仙台市
■資 格…そろばん6級,英検4級,書道1級,4級アマチュア無線技士,第一種普通自動車免許,大型二輪免許
■ツーリング傾向…ソロが中心。たまにマスツーもある。基本的には走ってるのが好き。
■バイク以外に興味あること…人間ウォッチング,B級グルメ探訪,PC関連,写真,食玩収集(クルマと飛行機が中心)


今まで乗ってきたバイク

高校2年生まではバイクとは全く関係のない生活を送る。
しかし,ある天気のよい日曜日に大きな転機が訪れた。

友達のスズキスワニーとマメタン50に近所の空き地で乗せてもらったことから,すべてが始まった。
それまで自分で運転する乗り物は自転車のみ。ペダルをこがずに動くバイクに大きな感動を覚える。
一気に「免許取得」という意欲が湧いてきたが,親の反対に遭う。
なんとか免許取得のみでバイクは買わないという条件で体育祭の代休に原付免許取得。
高校も免許取得そのものは禁止ではなかったのでノー・プロブレム
このときはバイク購入も中免取得も考えてもいなかった。
今思えば,「免許取得」だけで済むわけがない。
当然バイクが欲しくなる。
ということで高校3年生の夏にMB-5を中古で購入。
シートに“MB-5”の車名が入った後期型でアップハンドル。

「ビィーンッ!!」っていう独特の排気音がなんとも言えず気持ちよかった!
たしか,1万2千キロくらい走ったと思う。

なお,大事な高3にバイクを購入したのが災いしたのか,大学受験に失敗し1浪決定(T_T)
記念すべき1台目 HONDA MB-5(1982〜1985)

しかしいざ自分のバイクを持ってみると…。
原付だけと考えていたものの,さらに大きな排気量のバイクへの関心が強くなってきた。
だが当時の宮城県は,自動二輪免許が段階取得の行政指導が始まったばかり。
高校時代の免許取得はあきらめる。

このころはホンダのVT250Fがとにかくかっこよく見えて仕方がなかった。
CBX400のエキパイも初めて見たときには衝撃的だった。
2台目 HONDA VT250F インテグラ(1985〜1992)
大学入学後,一発試験で小型自動二輪免許取得。
その後,段階免許制ではなかった福島県の自動車学校に入校。
教習車両はあこがれのCBX400。
苦労することなく中免ゲット!

やっと手に入れたのは中古のVT。
貧乏学生だったので車検のある400は,最初から想定外

仙台市内のバイク店を探しまくった。
当時,人気車だったVT250Fは,さすがにタマ数が少ない。
見つけたとしても予算オーバー。
そんな中で買えそうな値段で見つけたのがVT250Fインテグラ。

その商談に一緒に行ってくれた関西人の友達のおかげで,MBの下取り2万5千円とヘルメット(マイク・ボールドウィンレプリカ)ゲット!
もつべき友は関西人(^^ゞ

このバイクには7年間所有したものの,頻繁に乗ったのは最初の3年間。
その3年間で5万キロ以上走破。
上の写真は購入2年目ごろ。
貧乏学生だったのでウェアなんかなかった。
銀色のジャンバーは先輩からもらった本田純正?のジャンバー。

その後,仕事に就いたらめっきり乗る機会が少なくなったが,それでも4年目には念願の北海道ツーリング達成。

就職して3年経ち,少し時間にも余裕が出てきた。
しばらくエンジンに火が入ってなかったVTのバッテリーを復活させ,近所を試運転。
そのとき,エンジンが止まった!バッテリーは生きているもののエンジンは再びかからず。
3台目 Kawasaki ZEPHYR C4 (1992〜2001)
就職先があった町には大きなバイクを扱っているショップがなく,VTを修理するには隣町まで運ばなければならない。

思い切ってバイクを買い替えることにした。

VTに乗っていたときからカワサキのバイクには興味を持っていた。
車検がなければZ400GPが欲しかった。
輸出モデルのGPZ1100,GPZ900R,GPZ1000RXがあこがれ。

そういうときに登場したのがZEPHYR。
無事,就職したしもはや車検の有無は関係ない。
夏のボーナスを資金にしてZEPHYR購入を決断!

しかし,購入2年後に仕事が忙しくなり,再びバイクから遠ざかる。
それでも車検は通し続けて9年間保有。
9年間の走行距離は約8千キロ。

ZEPHYRを手放したときの走行距離は8,185Km

時代は移り変わり,限定解除が教習所でできるようになった。
免許も自動二輪から大型普通二輪というふうに呼称が変わった。

相変わらず仕事は忙しいものの,今,大型二輪免許を取得しなかったら…?
その答えは…
「きっと後悔するだろう。」

結婚後はバイクに乗ることはほとんどなくなってしまっていたが,ここに来てバイク熱再来。
大型二輪免許への夢はどんどん大きくなっていった。

そして2001年夏。カミさんには何も言わず,ヘソクリをはたいて自動車学校入校。
12時間の教習を経て,大型自動二輪の免許を手にしたのだった。
4台目 Kawasaki ZEPHYR1100 A1 (2001〜)
免許を手にしたらやはりバイクが欲しくなる。
同じ色の同じ名前のバイクだったら,カミさんにはばれないだろう!

極秘購入計画を進め,今まで乗っていた400と同じ黒色の1100を物色。

さすがに大きさが全然違うので,納車直前,カミさんに購入を白状すると…。
実車を見たカミさん曰く「言われなかったら,全然わかんなかったと思う。」
なぬっ!?

こんな感じで現在に至る。

inserted by FC2 system